キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 特殊清掃が入る家 : 特殊清掃ナビゲーター

特殊清掃が入る家

特殊清掃が必要な家とは、主に自殺者や孤独死した人がいた家です。

特殊清掃ナビゲーターのメイン画像

特殊清掃が入る家

特殊清掃が入る主な家とは、どんなところでしょうか。

簡単に言うと、日本では孤独死や自殺した人の家がメインでしょう。

孤独死とは、誰にも見つからずにひっそりと死んで行った人のことでそんな人の家や、自殺者の家ということで、首吊りやお風呂場でリストカット、またはガスによる窒息死や毒の死などがあります。

いずれにしても、死んだあとには体液や血が人間の体の穴という穴からどんどん出てきます。

それは、筋肉にもチカラが入っていない状態のため、どんどんゆるくなります。

体液が床中に充満した家で、人間の体はどんどん腐っていくため、腐敗臭もどんどん広がり、あげくの果てには、虫たちがその腐敗した体を食べに着ます。

そんな家に入りたい人はどこにもいないはずですが、そんな家に入って綺麗にするのがこの特殊清掃の人たちの仕事です。

あまり好きで入る人は多くはないかもしれませんが、自給がよく、綺麗にするだけの仕事のため、あまり頭も使わなくていい。

そのため、やる人はあまり多くありませんが、稼ぎたい人はやとわれの身でも結構稼げます。

そんな仕事ですが、スタッフはどのような考えで仕事場に行かなければならないのでしょうか。

人様の家で、誰かが亡くなり、どういう思い出清掃をしたらいいのか。

そんな事を回りは考えたことがあるのでしょうか。

一般的にこの仕事は汚れ仕事と思われるでしょう。

あまり綺麗な仕事ではないため、みんな嫌々やる人が多いでしょう。

Copyright www.child-support-enforcement.net.All Rights Reserved.

当サイト(特殊清掃ナビゲーター)の記事・画像などの無断転用を禁止します。